RECRUIT先輩社員の紹介

プラント事業部 1G所属

大岩 祐介

2015年入社
名古屋学院大学
経済学部経済学科 卒業

頼りになる先輩を目標に夢中で仕事に取り組み、
いつの間にか成長した2年間。

仕事内容とその魅力

グローバル企業であるトヨタ自動車様と関わる仕事ができる点に魅力を感じて、入社を志望しました。現在は、トヨタ自動車の元町工場を担当し、ダクト・配管・電気設備などのメンテナンス、排煙設備の設計・施工管理、各種配管の設置・撤去など、幅広い工事の施工管理をしています。まだまだ未熟ですが、だからこそ逆に成長を感じる機会が多いとも言えます。現時点では書類作成に費やす時間が多いものの、CADを使った設計もできるようになりました。先輩に同行させてもらい、勉強しながら、徐々に重要な仕事を任せてもらえるようになりました。例えば見積りひとつをとっても、それまでは先輩の名前で提出していたのが、半年後に自分の名前で出すことができ、身が引き締まる思いをしたことは今でも強く印象に残っています。

職場の雰囲気

工学部出身の同期とは異なり、まさにゼロからの出発。でも、先輩の的確な指導のおかげで、一人で打ち合せにも行けるようになりました。大学で学ぶような予備知識は必要ですが、入社後に現地・現物を見ながら、自分で復習や予習をすることで、効率的に実践的な知識や技能が養える職場です。必要に迫られることで、自分の能力以上の力が出ることもあります。しかし、1年目はお客様との打ち合せでは専門用語が飛び交い、まるで分かりませんでした。そこで、その場で全てメモして帰社し、先輩に相談。それまでの経験や知識を活かして、お客様が伝えたかったことを私にでも分かるよう「翻訳」し、必要な情報とアドバイスによってピンチを乗り切ることができました。

成長を実感した時

今では、あらゆる面で成長を感じています。見積書や確認書などの書類を作成できるようになり、設備やプラントに関する専門用語にも慣れ、工事に必要な配管の種類や材料も名前から形をイメージできるようになり、CADも使いこなせるようになりました。これまでの経験の積み重ねで、排気設備、ダクトが得意になりつつあります。今後は水に関わる専門知識と技術を身に付けたいと思っています。また、2級管工事施工管理技術検定試験に向けても勉強しようと思っています。しかし、まずは一人で最初から最後まで手がけられるようになるのが最優先です。目標はなんでもできる身近な先輩です。お手本にしながら、いつかは追い越せるように日々の仕事に取り組んでいます。

SCHEDULE1日のスケジュール
7:45 出社 前日の退社後に届いたメールをチェック。当日のタスクを確認し、優先順位を付け、行動計画を立てる。
9:00 元町工場へ向かう 車で担当する工場に向かい、担当者との打ち合わせや現地調査を行う。
10:30 一旦、帰社 見積書の作成や週末の工事に関わる書類作成。
12:00 ランチタイム
13:00 各種書類作成や設計 引き続き、書類作成やCADを使って設計を行う。何事も早めはやめを心がけているため、空いている時間を有効活用。
14:00 再び元町工場へ 担当する工場での打ち合せや下調べに出かけ、スケッチやメモを取る。
16:00 会社へ戻る メモ入力やCAD設計。会社と現場を往復する中で、忘れていることがないかもチェック。
17:30 終業 今日やったことと、明日やるべきことを復習・整理し、会社を後にする。

他の先輩の紹介を見る

  • プラント事業部 1G所属

    間宮 翔太

    2008年入社
    中部大学
    工学部 建築学科 卒業

  • 総合企画部 営業支援G所属

    江口 佳穂

    2015年入社
    名古屋女子大学
    文学部児童教育学科
    幼児保育学専攻 卒業

  • 建設事業部 公共工事G所属

    多田 章紀

    2015年入社
    愛知工業大学
    工学部都市環境学科
    土木工学専攻 卒業

  • 建設事業部 工場設備G所属

    丹羽 智彦

    2015年入社
    東海大学
    文学部文明学科 卒業